top of page
  • 執筆者の写真山﨑税理士事務所

㉑遺言の検認

更新日:2022年7月13日

検認は遺言書の偽造・変造を防止するための手続きです。


検認とは、遺言書の形状、加除訂正の状態、日付、署名など遺言書の内容を確認し、遺言書の偽造・変造を防止するための手続きです。

遺言の有無や有効性について判断する手続きではないことに留意してください。


検認の手続き

対象

公正証書遺言以外の遺言

申立人

遺言書の保管者、遺言書を発見した相続人

申立先

遺言者の最後の住所地の家庭裁判所

必要なもの

・検認申立書

・遺言者の戸籍(出生から死亡までのすべて)

・相続人全員の戸籍謄本

なお、検認を受けないで遺言を執行したり、家庭裁判所外で遺言を開封すると、5万円以下の過料に処せられることがあります。

また、故意に遺言書を隠蔽すると、相続欠格者として相続権を失うことになります。


相続チェックリスト項目


閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page