• 山﨑税理士事務所

⑳遺言の捜索

更新日:7月13日

後から遺言が出てくると、相続手続きのやり直しをしなければなりません。


1.公正証書遺言以外の遺言の場合


遺言があると、法定相続分とは違う割合で相続が行われたり、法定相続人以外にもその相続財産が遺贈されるか可能性があります。 たとえ遺言の存在を知らされていなくても、まずは自宅や病院、入所していたい施設等で大切なものを保管しそうな場所を探してみましょう。


遺言を見つけた後すぐに封を開けてはいけません。 公正証書遺言以外の場合には、相続開始後に家庭裁判所で検認という手続きが必要です。 家庭裁判所以外で遺言を開封した場合には5万円以下の過料を課せられることがあるので注意してください。


2.公正証書遺言の場合


公正証書遺言が作成されている場合には、最寄りの公証役場で遺言検索を行い、遺言の有無を確認します。なお、遺言検索を行う場合には、遺言を残した方が亡くなったことの確認できる除籍謄本と、検索を行う方が相続人であることの確認できる戸籍謄本などが必要です。



相続チェックリスト項目


1. 死亡から葬儀までの流れ

2. 死亡診断書(死体検案書)の用途

3. 死亡届・火葬許可申請書の提出

4. 年金受給停止と未支給年金の請求

5. 世帯主の変更

6. 健康保険証の返却・資格喪失届の提出

7. 電気・ガス・水道の変更・解約手続き

8. 携帯電話・インターネット

9. NTTの電話加入権

10. 運転免許書の返納

11. パスポートの返却

12. クレジットカードの解約

13. 故人の所得税の準確定申告

14. 葬祭費・埋葬料の請求申請

15. 死亡後に行う高額医療費の請求

16. 故人の事業を引き継ぐ場合の申請書・届出等

17. 生命保険の保険金の請求

18. 遺族年金等の手続き

19. 相続人の調査・確定

20. 遺言の捜索

21. 遺言の検認

22. 相続財産の調査・確定

23. 相続放棄

24. 財産の分け方(遺産分割協議)

25. 相続税申告

26. 相続税納付

27. 遺産相続の各種手続き(名義変更等)

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示